チュミラジバ通り沿いに、ものすごく目立つ建築があります。
 
Kaz GU大学と言って、去年創立75周年でした。
 
 
 
 
この写真はネットから
 
真夏の撮ったものと、真冬に撮ったものが混在してすいません。
 
真ん中の建物を中心に完全なシンメトリーです。
 
正面から見ると、スゴイ迫力です。
 
 
設計は1975年、モスクワにて行われたそうです(友人の建築家曰く)
 
よって、日除けの装飾は、真南を向いておらず、南側(建物のサイド)には、日除けの装飾がついていません。
 
 
 
配置はこうなっています。
 
 
 
 
軸線がまっすぐ山に向かい、左右に建物を配置しています。
 
(追記)
 
ネットからより分かりやすい写真を入手しました。
 
 
 
 
 
軸船の右側の建物は講堂になっています。1991年完成
 
カザフ色を強めたデザインとなっています。
 
 
 
 
こちらは、両サイドの建物です。
 
細かく見ると、腰壁、垂壁が、上下に斜めになっています
それにおそらく化粧柱がかんだデザインとなっています。
 
建物の前方部分は、2階部分壁をなくし、ボリュームが前方に張り出していくような表現を取っています。
スゴイ迫力あります。
 
 
 
 
こちらは背後部分
 
 
この背後部分に挟まれた建物です。
上に見える突起物は、おそらくトップライトだと思います。
 
 
 
 
 
更に南側に、建物があります。
 
 
他の建物は、上部が前にせり出している、きわめてロシア的デザインですが、
こちらはそれらに対して反転させたかのように、下の部分がせり出しています。
それをより強調するため、真ん中上部の石のパネルの周囲はガラスとなっており、
それがより強調された表現となっています。
 
 
 
 
広告