先日所用にて、ビシュケクに1週間滞在していました。

その間、数多くの建築を見て回ってきました。おそらくこれほどのビシュケクの建築の写真を撮った人は世界でいないんじゃないだろうかというくらい撮ってきました。その数400枚。

デジカメ2つ持っていきましたが、どれも途中でバッテリーが切れました。

さて1週間ほど滞在し、本屋にも立ち寄ってガイドブックを購入し、こちらの建築に関する事が少しわかりました。

年代や建築家などがガイドマップに記されており、それらも今回記載したいと思います。

これから4回くらいに分けてビシュケクの建築を紹介したいと思います。

1.伝統的なスタイルのレストラン

2.ビシュケクの集合住宅

3。センターの都市計画

4. 公共建築(図書館や体育館、コンサートホール、大学など)

以前ブログでビシュケクのことを紹介した記事配下の通りです。

キルギスの首都ビシュケク (2010年6月6日)

https://axelshockie.wordpress.com/2010/06/06/

再びビシュケクへ(2011年2月20日)

https://axelshockie.wordpress.com/2011/02/20/

ビシュケクの建築 再び(2011年8月7日)

https://axelshockie.wordpress.com/2011/08/07/

どうもここ最近カザフスタンやアルマティの建築よりもビシュケクの方が更新頻度が多いですが、それほど面白く興味深い建築が数多くあります。

ブログの更新を もうちょっと ペースアップしたい所ですが、なかなか時間が無いだけでなく、写真などのアップロードにものすごく時間を要します。

この記事をアップロードするのに数時間要しました。

とはいえ以前のブログの記事の写真も、wordpressの前に使っていたブログサイトのデータをこちらに移したために小さくなっており、記事中の誤字脱字も多いため、時間を見つけて更新したいと思っています 。

広告