翌日は朝からファティ・ジャーミを訪れました。

ホテルから歩いて向かい、その途中にあるTaşhan Bazaarを通過。

こちらで食事でも取ろうかと思ったのですが、どれくらい時間がかかるのか分からず断念。

IMG_7938 IMG_7940 IMG_7945

IMG_7944

前日に訪れたシェフザーデモスク

IMG_7946

 

 

IMG_7948

ファティ・ジャーミのすぐ近くで見つけた建物ですが、外壁に興味を抱きました。

IMG_7947

レンガ積みの壁に石を貼り、その目地になにか埋め込んでいるのでしょうか?

最初に訪れたモスクの裏の壁もこのようになっていたのですが、一種の文様のように見えます。

どのような意味を持つのでしょうか?

 

そうこうしてようやくファティ・ジャーミに辿り着きました。

途中で外国人観光客らしきカップルに「そこに行きますか」と尋ねてノーと言われたのですが、彼らはそこにいました。

私の発音が悪かったのですね。フェイスモスクと聞いていましたから(笑

http://en.wikipedia.org/wiki/Fatih_Mosque,_Istanbul

IMG_7949

 

どこのモスクでもここの部分がとても良かったというのはあるのですが、

ファティ・ジャーミは中庭が一番美しかったですね。

IMG_7956

大理石で覆われた中庭は、格別の美しさでした。

 

IMG_7970

見て分かるように、柱の部材が全部違います。

IMG_7958

ここまで違うと非常に印象的です。意図的にデザインしたのかと思ってしまいました。

IMG_7971

 

 

IMG_7961

中庭のホウズ(泉)の天上部分

IMG_7963

IMG_7968

IMG_7975

 

IMG_7976

中庭から外に路地を伝って抜け、この先にあるカーリエ博物館(コーラ教会)に徒歩で向かいました。

この通り沿いは意外と街中でいろんなショップが立ち並んでいました。

IMG_7977

 

ただなかなかカーリエ博物館の場所が分からず、通りすがりの人に聞いたりしたのですが英語が通じず。。

近くのカフェで一休みし(ちなみに1杯のお茶の値段は観光地の4分の一)、外国人の観光客を見つけて聞いてやっと辿り着きました。

その前に見かけた住宅。一見木造のようですがレンガの壁に木の板を貼り付けています。

IMG_7978

 

ようやくたどり着いたカーリエ博物館

http://en.wikipedia.org/wiki/Chora_Church

IMG_7980

 

おそらく殆ど誰もいないんだろうなと思ったら大間違い。もの凄い観光客の数でした。

IMG_8010

ここに入るには入場料が要ります。いくらだったか覚えていないですが。

さて、入ってみるとビザンチン美術の最高峰といわれる驚きのモザイク画とフレスコ画でした。

写真を羅列していきます。

IMG_7984

IMG_7985

IMG_7986

IMG_7988

IMG_7989

IMG_7990

IMG_7991

IMG_7994

IMG_7996

パレクレシオンの入り口の柱。部材が異なっているのが分かります。

IMG_7997IMG_7998IMG_8006IMG_8008

今回聖堂部分は修復中で入ることが出来ませんでした。

IMG_8011

外部の建設用の足場に貼られている19世紀時代のカーリエ博物館の絵。

博物館の前にはお土産物の店やカフェがあります。

IMG_8014 IMG_8013 IMG_8012

 

 

カーリエ博物館を後にして、テオドシウスの城壁まで徒歩にて散策

IMG_8016

 

IMG_8017

この後、ホテルの近くまで戻り、アヤ・ソフィアの近くで本屋などを巡りながら、レストランで夕食を取りました。

IMG_8024

コルビジェがイスタンブールを訪れた際に描いたスケッチ集(Le Corbusier Gözüyle Türk Mimarlık ve Şehirciliği)が売ってあったのですが、

残念ながら後で買うのを忘れてしまいました。。。少し後悔ですね。

byg-ktp-00271-r1

 

さて、次回が最後になります。アヤ・ソフィア、トプカプ宮殿などを紹介したいと思います。

 

 

広告