イスタンブール滞在の最終日はアヤ・ソフィア、トプカプ宮殿、ブルーモスクなどを訪れました。

残念ながら天気が悪く写真が綺麗に撮れませんでした。

前日偶然友人カップルがイスタンブールに旅行に来ていたので、合流して一緒に回りました。

IMG_8025

 

トプカプ宮殿の入り口にあるハギアイリーネ教会です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Hagia_Irene

4世紀に建てられた教会で、ビザンチン時代はアヤ・ソフィアと繋がっていたようです。

トルコで一番初めの博物館で現在ではコンサートも行われるようです。

IMG_8026

 

IMG_8029

 

アプスの半ドームにモザイクで十字架が描かれていますが、偶像禁止であったオスマントルコ時代に描かれたようです。

IMG_8031

 

 

教会を立ち去り、アヤ・ソフィアに戻ります。

IMG_8032

巨大な壁を支えるバットレスのようなものが見えます。

 

IMG_8036

 

もの凄い数の観光客が並んでいたのですが、前もってチケットを買っておくとスムーズに入れました。

ここが建物への入り口です。

IMG_8037

IMG_8041

IMG_8042

様々な模様の大理石に目を奪われます。

IMG_8045

IMG_8046

内部です。残念ながら今回左側部分を改修中でして全体像を完全に見ることは出来ませんでした。

しかし圧倒的なドーム空間ですね。

IMG_8047

床部分の大理石。長い年月を経て磨り減っている箇所もありました。

IMG_8051

IMG_8054

IMG_8056

IMG_8058

さてこの壁を見ていったいどんな石を使っているのだろうと不思議に思い近づいて見たのですが、

どうやら石ではなく、壁紙のようなものでしょうか?漆喰を剥がした後修復後に取り付けたものでしょうか?

これが非常に謎でした。

IMG_8060

左右対照の大理石を見ますとミースのバルセロナパビリオンを思い出しますね。アヤ・ソフィアのほうが圧倒的に先ですが。

IMG_8061

IMG_8064

 

2階に上がりましてそこから見た内部です。

IMG_8066

IMG_8067

IMG_8074

IMG_8084

IMG_8092

IMG_8097

柱がドームからの過重に耐え切れず少し傾いている柱もありました。

ここでアヤ・ソフィアを後にしてトプカプ宮殿に向かいました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Topkap%C4%B1_Palace

IMG_8100

 

ここももの凄い数の観光客です。

IMG_8102

IMG_8103

 

IMG_8104

IMG_8106

こちらでも各々の柱の部材が違います。

IMG_8116

宝物館の前です。観光客の行列です。

なかには世界各国の王などから贈呈された宝石などが展示されているのですが、もちろん撮影禁止でした。

こっそり撮影している人はすぐに警備から注意されていました。

しかしもの凄い豪華絢爛なものばかりでした。

IMG_8120

ソフィモスクと呼ばれる場所です。ボスポラス海峡、そしてマルマラ海を望む非常に景色の美しい場所ですが、その日は天気が悪く残念でした。

IMG_8121

IMG_8127

 

レヴァンキョシュキュ

 

 

 

IMG_8131

 

こちらから金角湾を望むことが出来ます。

 

IMG_8138

 

割礼の間。壁はすべて青色のイズニックタイルで覆われ、窓はステンドグラスです。

 

IMG_8142

 

IMG_8145

 

IMG_8146

IMG_8147

タイルと大理石による構成が非常に美しかったです。

IMG_8148

IMG_8149

この丸と三角屋根の文様が非常に興味深かったのですが、どのような意味があるのでしょうか?

 

IMG_8152

IMG_8162

IMG_8158

中庭を抜けていき、議場に入ります。

 

ここからハーレムに入っていきます。いろんなタイプのトップライトがありました。

IMG_8165 IMG_8173

IMG_8171 IMG_8170 IMG_8174

 

基本的に薄暗く写真が綺麗には撮れません。

IMG_8176

IMG_8179

IMG_8180

ハーレムから出ることが出来た屋外空間。

 

IMG_8181

通路ですが、壁の間接照明が非常に綺麗でした。

 

IMG_8183

調理場です。

IMG_8184

 

ようやくトプカプ宮殿を後にし、ブルーモスク(スルタンアフメト・ジャーミイ)に向かいました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Sultan_Ahmed_Mosque

IMG_8193

こちらももの凄く観光客が多く、ほんの少ししか滞在しませんでいた。

実は前日も訪れて中に入ったのですが、警備の人に「あなたは昨日も来た」と言われてしまいました。

1日何千人もの観光客が訪れていると思うのですが、良く私の顔を覚えていましたね。

実は彼は秘密警察なのかもしれません(冗談ですが)。

20140509_183242

ブルーモスクでは建物の保全のための寄付金を募っています。

私も寄付しました。たったの1リラですが。

 

その後、すぐ横のヒポロドーム(古代競馬場)を訪れました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AB%E7%AB%B6%E9%A6%AC%E5%A0%B4

IMG_8194 テオドシオスのオベリスク

IMG_8195 蛇の円柱。

元はギリシャのアポロン神殿にあったものを持ってきたもののようですが、先が折れてしまったようです。

しかし青銅を綺麗にねじっています。

IMG_8196 コンスタンティヌス7世のオベリスク

現在の流行の超高層アパートのデザインを若干想起させます。

 

IMG_8197

友人らと別れ、一人カフェに入りました。

眺めは非常に良かったのですが、あいにくの雨。。

IMG_8198

IMG_8199

ここで初めて魚を食べました。個人的にはまあまあだったかな。

これにてイスタンブールの旅行はおしまいです。

1週間ほどの一人旅でしたが、非常に魅力的な街でした。

世界的に観光客が多いのも頷けます。街中観光客だらけでした。

東洋と西洋の文化が交錯する街、魅惑のイスタンブール。

もう一度訪れてみたいものです。

機会があれば、ペンデンティブ・ドームの構造やらモスクの建築的なことについて事前に調べてから訪れたいと思います。

 

 

 

広告